So-net無料ブログ作成

【総括・反省編 その4】トラブルなく旅を終えることができました [総括・帰国後]

「【総括・反省編 その3】世界一周旅行をもう一度やるとしたら」から続きます。

今回(昨年7-8月)の45日間の旅行では、幸いなことに、トラブルらしいトラブルはまったくありませんでした。
あえて言えば、ブエノスアイレスで引いた鼻かぜが長引いて、スペイン滞在中ずっと鼻水たらしたり咳が出たりしたことくらいでしょうか。

スペインのマドリードに到着した際は、タクシーのストライキに遭遇しましたが、鉄道で移動したので実害はなし。
振り返ればこれも思い出の一つです。

旅行の手配はかなり多岐に渡りましたが、ミスはありませんでした。

今回、飛行機は世界一周の周遊フライト12便、アルゼンチン国内線1往復(2便)、それにスペイン国内線1便を日本出発前に手配して行きました。
世界一周以外の3便はエクスペディアで予約しました。

また、ホテルは19軒、のべ40泊しましたが、これもすべてエクスペディア経由の予約でした。
(宿の件は別エントリーで説明予定です。)

ニュージーランドとスペインのレンタカーも、返却に若干手間取った以外は問題なし。
事前に手配したスペインの観光地4カ所(プラド美術館、アルハンブラ宮殿、サグラダ・ファミリア教会、グエル公園)の予約も、時間帯など問題ありませんでした。
(時差もあって、日付を間違える恐れがあるので、カレンダーを作って予約を書き込みました。)

そして、最大の懸念事項は、盗難などの犯罪に巻き込まれることでした。
特に、初めて訪れる南米(チリ、アルゼンチン)とスペインが問題だと思っていました。
南米は治安が悪いというイメージが強いですし、スペインは犯罪者の巣窟みたいに思っている人も多いですからね。
私も南米とスペインの”治安”は心配で、そのため、当初はスペインの日程を短めにしようと思っていました。
(マドリードとバルセロナだけ、5泊6日程度にする計画でしたが、結局スペインには10泊11日滞在しました。)
IMG_7791ソル.jpg【マドリードの中心「プエルタ・デル・ソル」】

しかし、幸いヒヤッとするような場面もなく、無事に帰ってきました。
たぶん、ぼったくりもなかったと思います。

もちろん、海外には出張と観光旅行合わせて何十回と行っていて、エジプトと中国に住んでいたわけですし、途上国への出張も多かったので、気を付けなければならないポイントは分かっているつもりではありますが…。

それでも、45日目に無事羽田空港に到着して、帰り着いた自宅も何も問題ないことが分かった瞬間はほっとしました。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行