So-net無料ブログ作成

【旅行38日目・その1】チャーター車で海抜マイナス400mの死海へ [ヨルダン]

「【旅行37日目・その2】ショッピングモールと高級レバノン料理」から続きます。

世界一周旅行38日目の8月16日になりました。
(当初の予定では)旅行も残り1週間を切りました。
何も予定を入れていなかったヨルダンでの滞在ですが、家人と話して「さすがに死海にでも行こう」ということになり、前日に車を予約しました。

朝からチャーター車でインターコンチネンタルホテルを出発します。
韓国のメーカー、双龍(サンヨン)のSUV(たぶん「コランド」という車種)ですね。
IMG_8344チャーター車.jpg

一路死海へ。
砂漠の中の道を走っていきます。
どんどん標高が下がっていき、気温が急上昇。
IMG_8345死海への道.jpg
IMG_8346死海への道.jpg
IMG_8347死海への道.jpg
IMG_8348死海への道.jpg
IMG_8350死海への道.jpg

1時間半弱で死海のほとりに到着。
海抜マイナス約400m、気温は40度くらいだと思います。

海水浴するのと一緒で、着替えたり荷物を置いたりする必要があるので、車と一緒にデッド・シー・スパ・ホテルというところのデイユースを予約してあります。
IMG_8360死海ホテル.jpg
IMG_8356死海とプール.jpg
IMG_8359死海.jpg

死海は近年、どんどん水位が下がっています。
このため、「海岸線」(正確には「湖岸線」?)がどんどん後退して、場所によっては20年前より数百メートル移動しているとのことです。
下の写真のパラソルも、かつては『波打ち際』にあったのでしょうが、今では水面は10m以上下、水平距離では200〜300m離れています。
IMG_8358死海.jpg

ヨルダン川以外に流入する水系はないのですが、そのヨルダン川上流での取水が年々増えているのが水位低下の主な要因。
このため、紅海の海水を淡水化するのと同時に、塩分の濃くなった『海水』を死海に注ぎ込む計画が進んでいるという話を聞きました。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行