So-net無料ブログ作成

【旅行30日目・その1】世界遺産サグラダファミリア教会の内部へ [スペイン]

「【旅行29日目・その3】バルセロナは33度でも過ごしやすい…」から続きます。

スペイン・バルセロナに到着して2日目の8月8日。
朝から世界遺産のサグラダファミリア教会を訪れます。
日本出発前、かなり早い段階で予約してありました。

サグラダファミリアまではホテルから1ブロック、歩いて3〜4分です。
IMG_8059サグラダファミリア.jpg

説明板には「2026年完成予定」などの文章があります。
建築家アントニ・ガウディの没後100年にあたるということです。
IMG_8057サグラダファミリア説明.jpg

「生誕のファサード」と呼ばれる東側の入り口付近には楽器を奏でる「天使」(?)たちの彫刻が。
ヴァイオリンやファゴット、リュートらしき楽器を演奏してます。
IMG_8060サグラダファミリア.jpg
IMG_8065楽器演奏.jpg
IMG_8062ヴァイオリン.jpg
IMG_8061ファゴット.jpg
IMG_8063リュート.jpg

内部に入ると天井の高さに驚かされます。
高いところで60mくらいあるそうです。
(教会の建物自体の高さは、最高で172mあります。)
IMG_8070天井.jpg
IMG_8071内部.jpg
IMG_8073内部.jpg
IMG_8072ステンドグラス.jpg

翼のあるライオンは聖マルコを表しています。
IMG_8069ライオン.jpg
IMG_8075バルセロナ.jpg
IMG_8076床の絵.jpg

結局、全部で2時間近く見学してました。
(鐘楼にも登れるそうですが、暑くて大変そうなのでやめました。)
IMG_8077外部彫刻.jpg
IMG_8080外観.jpg
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行