So-net無料ブログ作成

【旅行14日目・その3】『悪魔の蔵』(カッシジェロ・デル・ディアブロ)へ [チリ]

「【旅行14日目・その2】ワイナリーのぶどう畑にたくさんの品種」から続きます。

チリを代表するワインメーカー、コンチャ・イ・トロのワイナリーの見学ツアーに参加中。
首都サンティアゴの南東、マイポ川に沿った地域にあります。

ワイナリー正面の門の向こうにはアンデス山脈が見えます。
IMG_7252門と山脈.jpg

こちらは、オーナーの旧宅。
現在は迎賓館などとして使われているそうです。
IMG_7225邸宅.jpg
IMG_7224邸宅.jpg

たくさんの品種のぶどうが栽培されている畑をみたあとは、ワインの貯蔵庫へ。
(当然ながら)庫内の温度などは一定になるように管理されているそうです。
IMG_7255ワイン蔵.jpg
IMG_7256温度計.jpg

そしてこちらが、有名な「悪魔の蔵」。
スペイン語では"Casillero del Diablo"で、日本では「カッシェロ・デル・ディアブロ」という名前で売られていますが、(南米では)"lle"は「ジェ」と発音されるので、「カッシジェロ・デル・ディアブロ」と呼ぶのが「現地の発音」に近いと思います。
IMG_7257ワイン蔵.jpg

蔵に入ると、急に照明が消されて、プロジェクションマッピングのようなショーがスタート。
「あまりにもおいしくて、ワインが盗まれるので、『あの蔵には悪魔が住んでいる』という噂を流して、盗まれるのを防いだ」というのが名前の由来が紹介されます。
IMG_7259ワイン蔵.jpg

ワイン蔵付近の風景。
IMG_7263敷地.jpg

最後にもういちど赤ワインをいただきます。
「悪魔の蔵」ではなく「テルーニョ」という銘柄。
IMG_7261赤ワイン.jpg

アンデス山脈を見ながらホテルへの帰途に就きます。
IMG_7268山脈.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

【旅行14日目・その2】ワイナリーのぶどう畑にたくさんの品種 [チリ]

「【旅行14日目・その1】近所のカフェでの朝食後ワイナリー見学ツアーへ」から続きます。

チリの首都サンティアゴに滞在中。
チリを代表するワインメーカー、コンチャ・イ・トロのワイナリーを見学に来ました。
かなり広い敷地です。
IMG_7226池と敷地.jpg

同じ車でやってきたブラジル人は別のグループになり、家人と私は英語のツアーに参加します。
とてもいい天気で、あまり寒くありません。
IMG_7227参観者たち.jpg

屋外で最初のワイン試飲。
IMG_7229ワイン試飲.jpg

白ワイン(グランレゼルバ)。
IMG_7231グランレゼルバ.jpg

赤ワインも。
ここで味を語るほどワインに詳しいわけではないんですが、とても飲みやすいと思いました。
IMG_7250赤ワイン.jpg

コンチャ・イ・トロのロゴが入った試飲用のグラスは1人に1個ずつ配られるんですが、実は記念品として持ち帰るようになってます。
せっかくなので、このあと30日以上(地球半周分)持ち歩くことに。
預け入れのスーツケースに入れると絶対割れると思い、ずっと手荷物で運びました。
結構大変でしたが、なんとか無事に持ち帰ることができて、我が家で使ってます。
IMG_7230グラス.jpg

さて、敷地内に広がる広大なぶどう畑を見て歩きます。
IMG_7232ぶどう畑.jpg
IMG_7251ぶどう畑.jpg

一角に、看板の立った畑が。
よく見ると、ワイン用のぶどうの品種名が書かれています。
真冬(7月)なので、ぶどうはまったく茂っていませんが、世界中の品種が栽培されているようです。
研究用なんでしょうね。
「メルロー」とか「シャルドネ」とか「カベルネソービニヨン」など、有名な品種名もありますし、あまり知られていないような名前も…。
(私が知らないだけだと思いますが…。)
IMG_7233モスカテル.jpg
IMG_7235シャルドネ.jpg
IMG_7236ゲビュルツトラミナー.jpg
IMG_7237リースリング.jpg
IMG_7238マルザンヌ.jpg
IMG_7239ビオニエ.jpg
IMG_7240ピノブラン.jpg

IMG_7241ピノグリ.jpg
IMG_7243ピノ・ノワール.jpg
IMG_7242カルメネール.jpg
IMG_7244メルロー.jpg
IMG_7245シラー.jpg
IMG_7246ムルベドル.jpg
IMG_7248カベルネフラン.jpg
IMG_7249カベルネソービニヨン.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

【旅行14日目・その1】近所のカフェでの朝食後ワイナリー見学ツアーへ [チリ]

「【旅行13日目・その4】ショッピングモールのフードコートで軽く夕食」から続きます。

3番目の訪問国、サンティアゴに滞在中。
前日はお昼にウニとカニを食べ、スカイコスタネラという高層ビルに登り、夕食はフードコートで済ませました。

翌日、旅行14日目の7月23日(月曜日)。
ホテルの部屋内部の写真は先にアップしましたが、部屋のドアはこんな感じです。
IMG_7279ホテル部屋.jpg
IMG_7280ホテル1216号室.jpg

ホテルは朝食付きではないため、ホテルから歩いて数分のカフェに向かいます。
コスタブラバというお店。
IMG_7216コスタブラバ.jpg
IMG_7215店内.jpg

注文したのは写真のような感じ。
トーストと肉を挟んだサンドイッチ(焼肉サンド?)。
安くて(確か全部で1,000円以下)美味でした。
IMG_7214朝食.jpg

朝食の後、ワイナリー(ワイン醸造所)ツアーに出かけます。
チリ滞在中の予定は何も決めていなかったので、このツアーはサンディエゴ到着後に参加を検討。
iPad miniを使って、前日でも申し込み可能なツアーを検索しました。

ブラジル人2人と一緒に、迎えの車でワイナリーへ。
車はこんなやつ。
「マヒンドラ」というインドのメーカーの車ですが、チリに工場があるそうです。
IMG_7217マヒンドラ.jpg
IMG_7218マヒンドラ.jpg
IMG_7219マヒンドラエンブレム.jpg

1時間ほどで、サンティアゴ南東にあるコンチャ・イ・トロ(Concha y Toro)社のワイナリーに到着。
IMG_7220コンチャイトロ駐車場.jpg
IMG_7221駐車場.jpg

近年チリのワインは世界中で飲まれていて、リーズナブルな割に高い品質で知られています。
コンチャ・イ・トロは、チリを代表するワイナリーの1つ。
「コノスル(Cono Sur)」や「テルーニョ(Terrunyo)」「カッシジェロ・デル・ディアブロ(Cassillero del Diablo)」などの銘柄は、日本でも販売されています。
("Cassillero del Diablo"は日本では「カッシェロ〜」と称していますが、現地での発音は「カッシジェロ〜」が正しいようです。)
IMG_7223ワイナリー.jpg
IMG_7222ワイナリー.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

【旅行13日目・その4】ショッピングモールのフードコートで軽く夕食 [チリ]

「【旅行13日目・その3】南米一の高層ビルからのアンデスの絶景に目を奪われる」から続きます。

チリの首都サンティアゴに滞在中。
スカイコスタネラという南米一の高層ビル展望台で、アンデス山脈の絶景を堪能したあとは、夕食です。

特に決めてないので、展望台のある複合施設、コスタネラセンターの大型ショッピングモールで探すことにします。
前回もちょっとアップしましたが、モール内はこんな感じ。
どこの国でも似たり寄ったりですね。
IMG_7196ショッピングモール.jpg
IMG_7207モール.jpg
IMG_7209モール.jpg

こんなお店がありました。
フィギュアや模型などを売っているようです。
日本のキャラクターはチリでも人気があるようです。
IMG_7199GEEK2.jpg
IMG_7198オタクショップ.jpg
IMG_7200日本製フィギュア.jpg

いろんなレストランが入ってますが、あまりお腹が減ってないので、フードコートで軽く済ますことに。
フードコートはこんな感じで、世界中にあるファストフードチェーンのお店をはじめ、世界中の料理があります。
IMG_7197フードコート.jpg
IMG_7201タコブリトー店.jpg
IMG_7205寿司ブルース.jpg

結局、サーモン丼やエンパナーダなどをチョイス。
味はまあまあかな…。
IMG_7204サーモン丼.jpg

食事の後は、地下の超大型スーパーへ。
ミネラルウォーターなどを買ってホテルに戻ります。
IMG_7208大型スーパー.jpg

こちらは、地下鉄の券売機。
IMG_7211地下鉄券売機.jpg

そして切符売り場。
IMG_7212切符売り場.jpg

地下鉄の駅構内には、必ず銀行のATMがあって、重宝しました。
(一回に引き出せる限度額が小さいので、毎日のようにおろしてました。)
IMG_7210地下鉄ATM.jpg
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

【旅行13日目・その3】南米一の高層ビルからのアンデスの絶景に目を奪われる [チリ]

「【旅行13日目・その2】サンティアゴ中央市場でウニとカニを食べる」から続きます。

サンティアゴ中央市場にある海鮮レストランでウニとカニを食べ、ホテルに戻って一休み。
夕方になって再び出かけます。

ホテル近くのバンケダノ駅から地下鉄に乗車。
一番古いという1号線です。
IMG_7159地下鉄ホーム.jpg
IMG_7160バンケダノ.jpg
IMG_7162地下鉄車両.jpg
IMG_7165車内.jpg
IMG_7164車内警告.jpg

ロスレオネス駅で下車。
IMG_7166ロスレオネス.jpg

目的地は「コスタネラセンター」という複合施設です。
昼間訪れた旧市街とは街の風景が違う感じがします。
ホテルや大きなショッピングセンターなどが入っていて、たくさんのタクシーが客待ちしています。
IMG_7167タクシー.jpg

ショッピングモール内部の様子は世界共通ですね。
IMG_7168ショッピングモール.jpg

旧市街にもあったメイソウ(中国発『100円』ショップ)がここにも。
IMG_7169メイソウ.jpg

複合施設内にある「スカイコスタネラ」は64階建て、高さ300mの高層ビル。
南米大陸で最も高く、南半球ではオーストラリアのQ1に次いで2番目の高さ。
2013年にオープンしました。
(あまり適切な場所がなくて、タワーの外観の写真がないので、「スカイコスタネラ」で出てきますので、ご興味ある方は検索してみてください。)

入場券(1人15,000ペソ=約2,500円)を買って、エレベーターで61〜62階の展望台へ。
IMG_7170切符売り場.jpg

展望台からの眺めはこんな感じです。
サンティアゴは盆地にあって、東西南北に山がありますが、東側はアンデス山脈が連なっていて、真冬(7月)ということで雪を頂いています。
サンティアゴ市は人口500万を超える大都市と、雄大な山脈の対比が目を奪います。
img_7171アンデス山脈.jpg
IMG_7172市街地と山脈.jpg
IMG_7174市街地と山脈.jpg
IMG_7176山脈.jpg
IMG_7189市街地と山脈.jpg

まもなく日没を迎えます。
サンティアゴの西側の山並みに太陽が沈んでいきます。
IMG_7190日没.jpg
IMG_7194町と山脈.jpg

チリでの予定は事前には決めていませんでした。
ガイドブックを見て「ウニが安いらしい」とか「アンデスの眺めは素晴らしいらしい」程度の認識で、天気にもよるのでスカイコスタネラに登るのは当日の昼ごろ決めました。
まさに絶景中の絶景で、登ってよかったと思いますし、特にこの時間帯にしたのは正解でした。

さて、帰路につこうとすると、「世界の高層建築」らしき図を発見。
左端は「トーレ・デ・トキオ」(東京タワー)と書いてあって、高さは333mになっているようですが、シルエットは明らかに違います。
(これだけではよく分からないんですが、カナダ・トロントのCNタワーに似てますかね…?)
東京スカイツリーの存在は知られてないんでしょうか?
IMG_7192世界のタワー.jpg
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

【旅行13日目・その2】サンティアゴ中央市場でウニとカニを食べる [チリ]

「【旅行13日目・その1】旧市街散策中に吹奏楽コンサートに遭遇」から続きます。

今年7〜8月に行った世界一周旅行。
チリの首都サンティアゴに滞在中(2日目)です。

市中心部の公園で吹奏楽の青空コンサートをちょっと聴いた後は、目的地の中央市場へ。
こんな建物です。
IMG_7140市場.jpg

中に入って行くと、いろんなお店が並んでます。
IMG_7148市場.jpg
IMG_7147鮮魚店.jpg

市場中央部にお目当のお店が見えてきました。
IMG_7146市場.jpg

「ドンデ・アウグスト」(Done Augusto)という海鮮レストラン。
いろんなガイドブックで紹介されている有名店です。
IMG_7145ドンデアウグスタ.jpg

まずはビール。
「アウストラル」という銘柄です。
IMG_7142アウストラルビール.jpg

そして出てきたのはお皿いっぱいのウニ。
これで1,000円くらいです。
チリの沿岸はウニが獲れて、日本にも輸出しているそうです。
日本から醤油を持ってきているのですが、醤油もわさびもお店にありました。
日本人だからか、割り箸も…。
IMG_7144ウニ.jpg

そして、カニのアヒージョも食べました。
食べたかったし、おいしかったからいいんですが、ウニに比べるとお値段高めですので、お気をつけください。
IMG_7143カニのアヒージョ.jpg

満足したところで、地下鉄に乗ってホテルに戻ります。
IMG_7149地下鉄アルマス広場.jpg
IMG_7150地下鉄ホーム.jpg

車両はこんな感じ。
車輪はゴムタイヤですね。
IMG_7153地下鉄車両.jpg

5分くらいでホテルそばのバンケダノ駅に到着。
IMG_7155バンケダノ駅.jpg
IMG_7156駅コンコース.jpg

地上に出るととてもいい天気。
朝は寒かったんですが、昼間は気持ちのいい気候です。
IMG_7157広場.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

【旅行13日目・その1】旧市街散策中に吹奏楽コンサートに遭遇 [チリ]

「【旅行12日目・その4】チリ最初の食事はふらっと入った食堂」から続きます。

旅行13日目の7月22日(日曜日)。
チリの首都サンティアゴに到着した前の日は、市街地を散策して夕食を食べた程度で、ゆったりと過ごしました。

時差のために夜中(未明)に目が覚めたんですが、iPhoneのアプリによるとこの時の気温は摂氏2度。
真冬なので寒そうです。
IMG_1298気温2度.jpg
でも昼間はかなり暖かくなる見込み。
チリは南北に細長い国で、海岸線が長いんですが、サンティアゴは内陸部のアンデス山脈に近い盆地にあって、海洋性というより大陸性の気候のため、寒暖差が大きいようです。

朝になって街に出かけます。
前日に続きとてもいい天気。
IMG_7124サンティアゴ道路.jpg

ホテル西側の旧市街方面に歩いていると、こんな民芸品市場があります。
(まだ開店前でした。)
IMG_7126民芸品市場.jpg

旧市街に到達。
下の写真はモネダ宮殿=大統領府です。
IMG_7128宮殿.jpg

近くには憲法広場や市民広場など、いくつかの広場があります。
IMG_7129広場.jpg
IMG_7134市民広場.jpg

人だかりがあって、楽器の音が聞こえるので行ってみると、吹奏楽のコンサートをやってます。
(曲は忘れましたが、ポピュラー系だったと思います。)
IMG_7133吹奏楽観客.jpg
IMG_7130吹奏楽.jpg
IMG_7131吹奏楽.jpg

しばらく聴いたあと、さらに歩きます。
こちらはサンティアゴ大聖堂。
(中には入りませんでしたが、フランシスコ・ザビエルの像があるそうです。)
IMG_7136サンティアゴ大聖堂.jpg

近くの商店街には中国発の100円ショップ的なお店、「メイソウ」がありますね。
IMG_7138メイソウ.jpg
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

【旅行12日目・その4】チリ最初の食事はふらっと入った食堂で [チリ]

「【旅行12日目・その3】LATAM航空のB787で初めての南米大陸へ」から続きます。

旅行12日目の7月21日は、時差の関係で40時間あります。
ニュージーランドから南太平洋を文字通り飛び越え、約11時間のフライトでお昼前にチリの首都サンティアゴに到着。
空港からはタクシーでホテルへ向かいます。
空港で両替することができなかったのですが、持っていたユーロの現金かクレジットカードで支払いました。(もはや記憶が曖昧ですみません。)

予約してあったクラウンプラザ・ホテルに無事チェックイン。(写真は翌日に撮影)
IMG_7125クラウンプラザホテル.jpg

ホテルの部屋はこんな感じ。
悪くないんですが、よくある「(やや)高級なホテル」という印象。
ただ、建物は相当古いようで、部屋の床が傾いているような感じがします。
チリは地震が多いので、若干心配だったり…。
IMG_7120ホテル部屋.jpg

部屋の窓からは、アンデス山脈を望むことができます。
IMG_7121ホテル風景.jpg

長旅なので、午後は部屋でのんびり。
夕方になって街を歩いてみます。

ホテルは広い道に面していて、その道「オイギンス大通り」はやや薄暗い印象。
20〜30分歩き回ったでしょうか。
「そろそろ夕食を」ということで、いろんな食堂を覗きながら探して、こちらのDon Rene(ドン・レネ)というお店にふらっと入ります。
(写真は翌日撮影ですが)いかにも「街の食堂」という感じのお店。
看板の左側にあるロゴ「クリスタル」は、飛行機の中でも飲んだチリのビールの銘柄ですね。
IMG_7127夕食レストラン.jpg

スペイン語のメニューしかなくて、(スペイン語圏到着初日ということもあり)注文に苦労したのですが、家人の力もあってなんとかローストチキン(半身)などを頼むことに成功。
(なかなか美味でした。)
ビールはもちろんクリスタルです。
IMG_7122クリスタルビール.jpg
IMG_7123夕食チキン.jpg

食事の後はホテルに戻ります。
こうしてニュージーランドとチリにまたがる長い1日は更けていきました。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

【旅行12日目・その3】LATAM航空のB787で初めての南米大陸へ [機内・機窓]

「【旅行12日目・その2】鉄火巻きを食べたあとオークランド空港へ」から続きます。

今年7〜8月にいった世界一周旅行。
2番目の訪問国、ニュージーランドでの日程を終え、次に向かうのはチリの首都サンティアゴです。

乗るのはチリとブラジルの航空会社、LATAMのボーイング787。
IMG_7103LATAM787.jpg

ビジネスクラスなので、こんな感じのシート。
2-2-2の配置です。
IMG_7104ビジネスクラス.jpg
IMG_7105ビジネスクラス.jpg

機内食を楽しみにしていたので、オークランドでの昼食は控えめにしておきました。
前菜はこんな感じ。
ビールはチリの銘柄、クリスタルです。
IMG_7108前菜・ビール.jpg

メインディッシュはビーフ。
最近、スーパーフードとして知名度を増しているキヌアが添えられています。
IMG_7109ステーキ・キヌア.jpg

食後のアイスクリーム。
IMG_7111アイスクリーム.jpg

オークランドからサンティアゴまでの距離は約9,600km。
約11時間の飛行です。
いよいよ南米大陸に到達。
目的地に近づくと、アンデス山脈が見えて来ます。
IMG_7113ロールスロイスエンジン.jpg
IMG_7115山脈.jpg

サンティアゴ国際空港に到着。
日本ではあまり目にしない航空会社の飛行機が並んでますね。
IMG_7116サンティアゴ空港.jpg
IMG_7117サンティアゴ空港.jpg
IMG_7118サンティアゴ空港.jpg

日付変更線を超えたので、依然として旅行12日目の7月21日(土曜日)。
時差はマイナス16時間なので、この日は40時間あることになります。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

【旅行12日目・その2】お寿司を食べたあとオークランド空港へ [ニュージーランド]

「【旅行12日目・その1】ニュージーランド最終日は街を散策」から続きます。

旅行12日目の7月21日。
この日夕方の便でニュージーランドを離れるので、それまでのんびり過ごしてます。
(今回の旅行では、あまり予定を詰め込みすぎないように気をつけました。)

ニュージーランド最大の都市、オークランドの中心部を散策し、本(ダン・ブラウン「オリジン」)を買ったりしたあとは、港の近くの寿司店でテイクアウトの寿司を購入します。
食べ過ぎ防止で軽く済ませるためです。
「スマート・スシ」というお店です。
IMG_7086スマート寿司.jpg

買ったのはこんなやつですが、(たぶん)鉄火巻き。
(味は忘れましたが、そんなにひどくはなかったような気がします。)
IMG_7087鉄火巻き.jpg

そのあとはホテルに戻って、預けてある荷物をピックアップします。
写真の建物がフォーポインツ・バイ・シェラトンです。
(前回も遠景をアップしましたが、上の階は工事中のようです。)
IMG_7095ホテル外観.jpg

玄関もこのように工事中。
実はこの玄関は目抜き通りのクイーンストリートではなく、そこから枝分かれした道に面してます。
上の写真で言うと向かって右側にあります。
空港に向かうのにタクシーをネット予約してあったんですが、反対側のクイーンストリートに面した入り口(裏口=写真左側)で待っていたようで、ベルボーイに頼んで呼んできてもらう必要がありました。
IMG_7096ホテル入り口.jpg
時間的には余裕があったので問題はなかったんですが、ベルボーイにチップをはずむ羽目になりました。
そういえば、今回の旅行に備えUBER(ウーバー)に登録してあったんですが、結局どの国でも使わずじまいでした。

オークランド空港までは1時間弱で順調に到着。
4カ所のホテルに合計7泊したニュージーランドとはこれでお別れです。
IMG_7097オークランド空港.jpg

ビジネスクラスなので、ラウンジでゆったりと待ちます。
ニュージーランド最後のビールはクラウンラガーというオーストラリアの銘柄でした。
IMG_7098クラウンラガービール.jpg

これからチリとブラジルの航空会社、LATAMの便で南太平洋を超え、チリの首都サンティアゴに向かいます。
約11時間のフライトです。
IMG_7101LATAMサンティアゴ行き.jpg
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行