So-net無料ブログ作成

【準備計画編・その3】土壇場でルートを変更し西回りから東回りに [準備・計画]

「【準備計画編・その2】ワンワールド のサイトでルートを練る」から続きます。

今年初めくらいから、ワンワールド・アライアンスのウェブサイトを使って、旅行のルートを検討していたわけですが、4月には職場の人事異動があり、7~8月に休みを取っても問題なさそうなことがはっきりしたので、大型連休(ゴールデンウィーク)明けに、いよいよ具体的な手配を開始しました。

まずしなければならないのは、航空券の予約と発券です。
(各都市の訪問日程が決まらないと、宿の予約は現地での日程の検討にも入れないので…。)

実は、割と直前まで、西回りでルートを組み立てていました。
まずは香港、またはタイ・バンコクに飛んで、そこから中東・ヨーロッパ方面に向かうルートです。

しかし、予約を入れる直前に、逆の東回りに変更しました。
まずはオーストラリアに飛んで、そこからニュージーランドや南米方面に向かうルートです。

変更した最大の理由は、時差の関係で、日程を短縮できるため。
これに気づいたのは、ジュール・ヴェルヌの「80日間世界一周」のストーリーを思い出したからです。

八十日間世界一周 (創元SF文庫)

八十日間世界一周 (創元SF文庫)

  • 作者: ジュール・ヴェルヌ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1976/03/20
  • メディア: 文庫

お読みになったことがある方も多いと思いますが、この小説は、イギリス人の紳士が「80日間で世界一周できるか」という賭けをして、召使いを連れて旅行する話。
舞台は19世紀後半ですから、交通機関は主に船か鉄道。
スエズ運河を通って、インドや香港、日本を経由し、アメリカ大陸を鉄道(など)で横断して、イギリスに船で戻るのですが、途中、日付変更線を東に超えることで、1日「得をする」ことになります。
この「得をした」1日が物語のポイントになっているわけです。

日本からハワイに旅行すると、日付変更線を越えるので、同じようなことが起こります。
ハワイに向かう際、例えば金曜日の夜に成田や羽田空港を出発すると、同じ金曜日の午前中にホノルルに到着します。
時間が戻っている形になるので、「得する」ことになります。
ただし、帰りは逆向きに越えるので、例えば土曜日のお昼にホノルルを出発すると、成田/羽田着は日曜日の夕方だったりします。
時間を「損した」形です。

説明が長くなりましたが、今回の世界一周旅行にあたっても、どうせなら時間を「得する」方がよかろうと思い、土壇場で急きょ変更したわけです。
(正確に覚えていませんが、予約・発券の1週間くらい前だったと思います。)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行