So-net無料ブログ作成

【旅行14日目・その3】『悪魔の蔵』(カッシジェロ・デル・ディアブロ)へ [チリ]

「【旅行14日目・その2】ワイナリーのぶどう畑にたくさんの品種」から続きます。

チリを代表するワインメーカー、コンチャ・イ・トロのワイナリーの見学ツアーに参加中。
首都サンティアゴの南東、マイポ川に沿った地域にあります。

ワイナリー正面の門の向こうにはアンデス山脈が見えます。
IMG_7252門と山脈.jpg

こちらは、オーナーの旧宅。
現在は迎賓館などとして使われているそうです。
IMG_7225邸宅.jpg
IMG_7224邸宅.jpg

たくさんの品種のぶどうが栽培されている畑をみたあとは、ワインの貯蔵庫へ。
(当然ながら)庫内の温度などは一定になるように管理されているそうです。
IMG_7255ワイン蔵.jpg
IMG_7256温度計.jpg

そしてこちらが、有名な「悪魔の蔵」。
スペイン語では"Casillero del Diablo"で、日本では「カッシェロ・デル・ディアブロ」という名前で売られていますが、(南米では)"lle"は「ジェ」と発音されるので、「カッシジェロ・デル・ディアブロ」と呼ぶのが「現地の発音」に近いと思います。
IMG_7257ワイン蔵.jpg

蔵に入ると、急に照明が消されて、プロジェクションマッピングのようなショーがスタート。
「あまりにもおいしくて、ワインが盗まれるので、『あの蔵には悪魔が住んでいる』という噂を流して、盗まれるのを防いだ」というのが名前の由来が紹介されます。
IMG_7259ワイン蔵.jpg

ワイン蔵付近の風景。
IMG_7263敷地.jpg

最後にもういちど赤ワインをいただきます。
「悪魔の蔵」ではなく「テルーニョ」という銘柄。
IMG_7261赤ワイン.jpg

アンデス山脈を見ながらホテルへの帰途に就きます。
IMG_7268山脈.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 2

hanamura

悪魔の蔵、どんないわれかと思いましたが、
とんち昔話(?)で、安心しました。
by hanamura (2018-12-31 09:31) 

Lionbass

hanamuraさま
この「カッシジェロ・デル・ディアブロ」は地下鉄の車内(網棚上)に広告が出ているのを見かけるんですが、そこにもこの「エピソード」が書いてあったと思います。
日本ではメルシャンが扱っているそうです。
by Lionbass (2019-01-06 10:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。