So-net無料ブログ作成

【準備計画編・その1】「世界一周堂」のサイトなどで基礎知識を学ぶ [準備・計画]

今年(2018年)7月から8月にかけて、家人と2人で世界一周旅行してきました。
長年働いた記念にまとまった休みが取れるので、「この機会を逃したら二度とチャンスはない」と思い、かなりの出費を覚悟しての決断でした。

このブログでは、計画から実際の旅行について、ぼちぼちと更新していきますので、よろしければお付き合いをお願いします。

私は仕事とプライベートを合わせると、訪れた場所は約50の国・地域になります。
ここ数年、夏休みは毎年ヨーロッパかアジア方面に家人と2人で旅行してきました。
「まとまった休みが取れれば、これまで行ったことのない国にも行ってみたいなあ」とも思っていました。

具体的な計画を立てる前段階として、世界一周旅行専門の代理店「世界一周堂」のウェブサイトを見たり、関係する本を読んだりして、基礎知識を得ました。
(実際の具体的計画段階では、世界一周堂には相談しなかったので、ウェブサイトの紹介だけで申し訳ないんですが…。)

例えばこんな本です。
新・世界一周NAVI 改訂版

新・世界一周NAVI 改訂版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


その結果、近年、世界一周旅行券は航空会社のアライアンスごとに組み立てることができる、ということが分かりました。
(かつては、今はなきパンアメリカン航空などが世界一周便を運航していたと思うんですが…。)

「アライアンス」とは、マイレージなどを共通化している航空会社の連合のこと。
代表的なものは以下の3つです。
「ワンワールド」は日本航空(JAL)やアメリカン航空(AA)、英国航空(BA)などが加盟。
「スターアライアンス」は全日空(ANA)、シンガポール航空(SQ)、ルフトハンザ航空(LH)など。
「スカイチーム」はデルタ航空(DL)、エールフランス(AF)などが加盟しています。

これらのアライアンスには、それぞれ世界一周航空券を組み立てて発券するためのルールがあることなど、上記のウェブサイトや本で知識を得ました。
ルールとは、全部で何カ所立ち寄れるか、大陸ごとに寄港地数の制限があるか、などです。

これらの情報を基に、数年前から旅程をなんとなく考え始めました。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 4

YAP

旅慣れている Lionbass さんであれば、ご自身で計画立てる方が自分の希望が全て入れられるし、ご満足いくものができるでしょう。
by YAP (2018-09-01 07:12) 

八犬伝

おおっ、45日間ですか
凄いな。
旅行記、楽しみです!
by 八犬伝 (2018-09-02 20:42) 

Lionbass

YAPさま
「モデル旅程」みたいなのはありますが、結局すべて「オーダーメード」になりますね。
世界一周堂を含め、航空券の予約・発券などは頼めば代行してくれる会社はいくつかあるようですが、手数料がかかるんですよね…。
by Lionbass (2018-09-05 09:16) 

Lionbass

八犬伝さま
毎年の夏休みの旅行の4倍の長さで、費用も4倍でした。
ブログの回数は果たして…。
by Lionbass (2018-09-05 09:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。