So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【総括・反省編 その23】[Flight #7]プエルトイグアス→ブエノスアイレス・LA7503便エアバスA320 [総括・帰国後]

世界一周旅行で搭乗したフライト、その7です。

【フライトNo.7】
世界遺産イグアスの滝の最寄の町プエルトイグアスからアルゼンチンの首都ブエノスアイレス(ホルヘ・ニューベリー空港)へ。
LATAM航空4M7503 便、エアバスA320型機です。
7月28日、プエルトイグアス10:45(やや遅れて実際の出発は11:00)発、ブエノスアイレス(ホルヘ・ニューベリー空港)12:40(実際は13:00ごろ)着で、フライト時間は約1時間55分。
エコノミークラスで、座席は18Aでした。

IMG_7533自動チェックイン機.jpg
IMG_7540出発便.jpg
IMG_7543エアバスA320.jpg
IMG_7546機内.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

【総括・反省編 その22】[Flight #6]ブエノスアイレス→プエルトイグアス・LA7510便エアバスA320 [総括・帰国後]

世界一周旅行で搭乗したフライト、その6です。

【フライトNo.6】
アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから世界遺産イグアスの滝の最寄の町、プエルトイグアスまで。
LATAM航空4M7510 便、エアバスA320型機です。
(2レターコードがLAではなく「4M」なのは、アルゼンチン地域の子会社みたいです。)
7月26日の13:30ブエノスアイレス(ホルヘ・ニューベリー空港)発、15:20プエルトイグアス着で、フライト時間は1時間50分。
この区間(往復)は、世界一周航空券とは別に購入しました。
短いフライトですしエコノミークラスで、座席は15Aでした。

IMG_7387空港チェックイン.jpg
IMG_7390イグアス行き.jpg
IMG_7391LATAMエアバス.jpg
IMG_7392搭乗.jpg

nice!(1)  コメント(1) 

【総括・反省編 その21】[Flight #5]サンティアゴ→ブエノスアイレス・LA455便エアバスA320 [総括・帰国後]

世界一周旅行で搭乗したフライト、その5です。

【フライトNo.5】
チリの首都サンティアゴからアルゼンチンの首都ブエノスアイレスまで。
LATAM航空455便、エアバスA320型機です。
7月24日の08:35サンティアゴ発、11:40ブエノスアイレス(エセイサ国際空港)着。
2時間05分のフライトです。
(時差が1時間あります。)
ビジネスクラスの設定がなく、プレミアムエコノミーでの予約でしたが、シートは普通のエコノミークラスと同じで、3列のうち真ん中の席を使わずにテーブルが広げられていました。

IMG_7289ブエノスアイレス行き.jpg
IMG_7290LANエアバス.jpg
IMG_7293エアバス.jpg
IMG_7294タラップ.jpg
IMG_7296操縦席.jpg
IMG_7304機内食.jpg
nice!(1)  コメント(1) 

【総括・反省編 その20】[Flight #4]オークランド→サンティアゴ・LA800便ボーイング787 [総括・帰国後]

世界一周旅行で搭乗したフライト、その4です。

【フライトNo.4】
ニュージーランドの最大都市、オークランドから、南米チリの首都サンティアゴへ。
今回(といっても1年前ですが)の旅行では15回、飛行機に乗ったわけですが、その中でも2番目に長距離だったのがこのLATAM航空LA800便。
機材はボーイング787-9。
7月21日の18:15オークランド発、日付変更線を超えて同じ日の13:20着で、11時間05分のフライトでした。
座席はビジネスクラスの5L。
フルフラットで快適でした。

LATAM航空は、チリのLAN航空とブラジルのTAM航空が合併して生まれた南米を代表する航空会社。
飛行機の塗装などはまだ変更されてない機体が多く、乗った787も合併前の「LANチリ」塗装だったようです。
IMG_7101LATAMサンティアゴ行き.jpg
IMG_7103LATAM787.jpg
IMG_7104ビジネスクラス.jpg
IMG_7113ロールスロイスエンジン.jpg
nice!(1)  コメント(1) 

【総括・反省編 その19】[Flight #3]クライストチャーチ→オークランド・AA9023/JQ232便エアバスA320 [総括・帰国後]

世界一周旅行で搭乗したフライト、その3です。

【フライトNo.3】
便名はアメリカン航空AA9023便ですが、コードシェアで運航はジェットスター(JQ232便)。
ワンワールドの周遊ルートということで、AA便としての予約でした。
機材はエアバスA320です。
7月19日の09:40クライストチャーチ発、11日の11:00オークランド着で、1時間20分のフライト。
ジェットスターはLCC(格安航空会社)ですので、ビジネスクラスの設定はなく、周遊航空券で予約した12便のフライトのうち唯一のエコノミークラス。
ただし、LCCとして予約した乗客は機内サービスが有料だったのに対し、私たちは飲み物とサンドイッチが無料でした。
IMG_7009オークランド行き.jpg
IMG_7011.jpg
IMG_7012タラップ.jpg
IMG_7013レジスター.jpg
IMG_7015エアバス座席.jpg
IMG_7021サンドイッチ.jpg
IMG_7022メニュー.jpg
IMG_7023コーヒー.jpg
IMG_7024メニュー.jpg
nice!(1)  コメント(1) 

【総括・反省編 その18】[Flight #2]シドニー→クライストチャーチ・QF便ボーイング737 [総括・帰国後]

世界一周旅行のまとめ、搭乗したフライトNo.2です。

【フライトNo.2】
カンタス航空QF139便。
機材はボーイング737-800です。
8月14日の17:55シドニー発、11日の23:00クライストチャーチ着で、3時間05分のフライト。
ビジネスクラスで、シートは2-2の配列。
写真撮ってませんでしたが、昔のビジネスクラスのシートという感じで、フルフラットではありませんでした。
現在の長距離路線だったらプレミアムエコノミーに使われるものかもしれません。
座席は3Dでした。
IMG_6914クライストチャーチ行き.jpg
IMG_6915カンタスB737.jpg
IMG_6917安全のしおり737-800.jpg
nice!(2)  コメント(2) 

【総括・反省編 その17】[Flight #1]成田→シドニー・JL771便ボーイング787 [総括・帰国後]

世界一周旅行のまとめ、今度は搭乗したフライトです。
全部で15回飛行機に乗りました。

【フライトNo.1】
日本航空JL771便。
機材はボーイング787-9です。
8月10日の19:25成田発、11日の06:10シドニー着で、9時間45分のフライト。
ビジネスクラスで、シートはJAL SKY SUITE 787。
2-2-2の配列で、座席は1Dでした。
IMG_6785日本航空787.jpg

IMG_6787ビジネスクラス.jpg
nice!(2)  コメント(2) 

【総括・反省編 その16】《泊まったホテル(4)》エジプト・ヨルダン・タイ [総括・帰国後]

世界一周旅行で宿泊したホテルまとめ。
旅行の「第4部」にあたるエジプト、ヨルダン、タイは、住んだことがあったり何度も訪れたことのある国々。
ホテルはすべて「老舗」にしました。
この前のスペインまでは、(ブエノスアイレスの後半2泊を除き)旅行出発前に予約してあったんですが、カイロ以降は旅行中にiPad miniを使ってネット(エクスペディア)で予約しました。

【32~35泊目】エジプト・カイロ
カイロ・マリオット・ホテル&ウマル・ハイヤーム・カジノ(Cairo Marriott Hotel & Omar Khayyam Casino)
IMG_8236マリオット.jpg
IMG_8217マリオット.jpg
IMG_8288部屋番号3202.jpg
IMG_8287マリオット部屋.jpg
約2年住んでいたカイロの宿は、カイロ・マリオット・ホテル。
外国人の多く住むナイル川の中州、ゲジラ島のザマレク地区にあります。
低層階の眺めの悪い部屋でしたが、今回の旅行中、最も高い料金でした。
いろいろ考えたんですが、途上国で宿代をケチるといろいろ残念な思いをすることが多く、特にエジプトで安宿はいろいろ悪い結果になりそうだだと思ったので、この選択になりました。

このホテル、かつて赴任したときの最初の数日と、帰国前の1泊滞在しました。
テニスコートでいつも日本人の友人・知人とテニスしてましたし、プールには家族と何度も行きました。
また、日本人会の行事なども行われていましたし、ベーカリーでパンを買ったりもしてました。

二十数年ぶりでしたが、ホテルの建物自体はほとんど変わってませんでした。
セキュリティーが極めて厳重になってましたが、従業員の対応はまあまあで「さすがマリオット」という感じでした。

【36~38泊目】ヨルダン・アンマン
インターコンチネンタル・アンマン(ヨルダン)(Intercontinental Amman-Jordan)
IMG_1518インターコンチネンタル.jpg
IMG_8337部屋番号751.jpg
IMG_8331ホテル部屋.jpg
こちらは、アンマンでも老舗の高級ホテル。
カイロ駐在中にヨルダンに出張した際は、いつも泊まってましたし、湾岸戦争前にイラク・バグダッドに滞在していて直前に”脱出”あともここに宿泊。
戦争中は、イラクがイスラエルに向けて放ったミサイルが(少し離れたあたりの)上空を通過していたはずです。
ホテル自体、建物は古いものの快適で、場所も便利。
従業員の対応もさすがでした。

【40~43泊目】タイ・バンコク
デュシタニ・バンコク(Dusit Thani Bangkok)
IMG_8525ホテル.jpg
IMG_8433ホテル部屋.jpg
IMG_8435バスルーム.jpg

IMG_8432ホテル部屋.jpg
タイを代表するチェーン「デュシタニ」の旗艦ホテル。
スコータイなどとともにバンコク有数の老舗です。
普通の部屋の予約だったはずなんですが、チェックイン時にフロントの係員がもたついた穴埋めなのか、スイートルームにアップグレードされていました。
建物・設備はかなり老朽化していて、途中カードキーが使えなくなったりしましたが、従業員の対応はここも問題なくて、朝食のとき、団体客が傍若無人にふるまってること以外、不満はありませんでした。
場所も地下鉄・高架鉄道の駅や繁華街に近くてとても便利でしたし。
そういえば、NHKワールドの日本語チャンネルが視聴可能で、1カ月半ぶりに日本語のテレビ番組を見ました。

実は泊まったとき、すでに閉館(営業終了)しているはずだったんですが、「半年延長」ということで今年1月まで営業していたそうです。

結局、予定を1泊延ばして4泊しました。
旅の最後を締めくくるのにふさわしい宿だったと思います。
nice!(1)  コメント(2) 

【総括・反省編 その15】《泊まったホテル(3)》スペイン [総括・帰国後]

世界一周旅行で宿泊したホテルまとめ。
第5の訪問国スペイン編です。

【22~24泊目】スペイン・マドリード
ホテル アトランティコ(Hotel Atlántico)
IMG_7734ホテル.jpg
IMG_7736ホテル部屋.jpg
南半球=真冬のアルゼンチンから、北半球=真夏のスペインへ。
最初の滞在都市は首都マドリードでした。
宿は街のど真ん中ににあるオテル・アトランティコ。
マドリードの銀座にあたるグランビア(「大きな道」の意)に面していて、1階にはナイキの路面店が入居しています。
タクシーがストライキ中だったので、地下鉄駅から近いのは助かりました。
そんなに広くはありませんでしたが、趣味の良い部屋で、居心地のいいホテルでした。

【25泊目】スペイン・トレド
パラドール・デ・トレド(Parador de Toledo)
IMG_7842宿.jpg
IMG_7843宿部屋.jpg
マドリード3泊のあと、レンタカーを借りて南下。
次の滞在地は古都トレドでした。
宿はパラドール・デ・トレド。
「パラドール」とは古い邸宅や城館を利用した公共の宿で、レベルの高いレストランを備えているところが多いようです。
このトレドのパラドールは、市街地を囲んで流れる川の対岸にあって、小高い丘になっている市街地が見渡せるという立地でした。

【26泊目】スペイン・コルドバ
パラドール・デ・コルドバ(Parador de Cordoba)
IMG_7886パラドール.jpg
トレドから途中寄り道しながらコルドバに到着。
こちらのパラドールは市街地から少し離れた丘にあって、そんなに古い建物ではなさそうでした。
夕食は中のレストランでオックステールのシチューをいただきましたが、旅行中でも最もおいしい食事の一つでした。

【27~28目】スペイン・グラナダ
ホテル・アルハンブラ・パレス(Hotel Alhambra Palace)
IMG_7922アルハンブラパレス.jpg
IMG_7918ホテル.jpg
IMG_7917グラナダホテル.jpg
南部アンダルシア地方の中心都市で、イスラム支配時代の雰囲気を色濃く残すグラナダ。
パラドールではありませんが、アルハンブラ宮殿から歩いてすぐの由緒ありそうな宿でした。

【29~31泊目】スペイン・バルセロナ
アイレ・ホテル・ロセリョン(Ayre Hotel Rosellón)
IMG_8037ホテル部屋.jpg
IMG_8038サグラダファミリア.jpg
スペイン最後の滞在地は北東部カタルーニャ地方の中心で、世界でも有数の観光都市バルセロナ。
宿は、世界遺産であるアントニ・ガウディの傑作「サグラダ・ファミリア教会」から1ブロックのところにあるアイレ・ホテル・ロセリョン(「アイレ・ホテル」はスペイン国内に9軒あるチェーン)でした。
屋上からは息をのむようなサグラダ・ファミリアの威容が目の前に広がる素晴らしい立地でした。
近くには生ハム専門店や、人気の海鮮料理レストラン、カフェなどお店も多く、地下鉄駅もすぐということで、このホテルにしたのは大正解でした。
nice!(1)  コメント(2) 

【総括・反省編 その14】《泊まったホテル(2)》チリ&アルゼンチン [総括・帰国後]

世界一周旅行で宿泊したホテルまとめ。
第3の訪問国チリと、第4の国アルゼンチンです。
(1泊目は成田→シドニーの機中泊)

【12~14泊目】チリ・サンティアゴ
クラウンプラザ・サンティアゴ(Crowne Plaza Santiago)
IMG_7125クラウンプラザホテル.jpg
IMG_7120ホテル部屋.jpg
チリの首都サンティアゴには3泊しました。
ニュージーランドから日付変更線をまたいでの移動だったので、時差調整も兼ねての滞在という感じ。
宿は、サンティアゴの旧市街と新市街の境界付近にあるクラウンプラザ・サンティアゴ。
ほかの宿と同様、エクスペディア(Expedia)で予約しました。
実は、ドル換算に比べて日本円の宿泊料金が安かったので、「変わらないうちに」と思ってかなり早い段階で押さえました。
クラウンプラザはインターコンチネンタル・ホテル・グループ(IHG)のブランドです。
かつては「ホリデーインの上級ブランド」という位置付けだったような記憶があるんですが、現在は違うんですかね?
このクラウンプラザ・サンティアゴはかなり年季の入った建物で、1970〜80年代くらいに建てられた日本のホテルと似ているような感じでした。
従業員の対応などは申し分ありませんでした。

【15~16泊目】アルゼンチン・ブエノスアイレス
NHブエノスアイレス・ラティーノ(NH Buenos Aires Latino)
IMG_7386ホテル.jpg
IMG_7309NHホテル.jpg
NHはスペインのホテルチェーンで、ブエノスアイレス市内に10軒近いホテルがあります。
泊まった「ラティーノ」は市の中心部に位置し、7月9日大通りやオベリスクにも近い便利な立地。
すぐそばに地下鉄の駅もありました。
ビジネスホテル的なランクだと思いますが、部屋はすっきりしていて快適でした。

【17~18泊目】アルゼンチン・イグアス
パノラミック・グランド・イグアス(Panoramic Grand Iguazu)
IMG_7522パノラミックホテル.jpg
IMG_7400パノラミックグランド.jpg
ブエノスアイレスに2泊したあと、飛行機でイグアスの滝観光のためプエルトイグアスに移動。
パノラミック・グランドというホテルに泊まりました。
プエルトイグアスは宿がそんなに多くなさそうだと思い、ここも早めに予約しました。
「地方の観光地の格式あるホテル」という感じで、まあまあ快適でした。
夕方到着して、翌日のイグアスの滝観光をフロントに手配してもらいましたが、手慣れたものでした。

【19~20泊目】アルゼンチン・ブエノスアイレス
エル・コンキスタドール(El Conquistador)
IMG_1321コンキスタドール.jpg
IMG_7560ホテル部屋.jpg
「コンキスタドール」というのは「征服者」「植民者」という意味ですね。
ブエノスアイレスは2度に分けて2泊ずつするので、現地を見てから決めようと思い、後半のこの2泊は旅行前には予約せず、イグアスに行く前に市内を散策したりエクスペディアで検索したりして選びました。
三ツ星ですが、決めた理由はフロントの男性(おじさん)たちがテキパキしているようだったのと、場所(立地)が便利なので。
部屋が狭いのは想定内でしたが、隣の部屋の家族連れが夜中まで騒がしかったのは困りものでした。
nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | -